/diurnalness8349508.html,×,エクレアタフィ,トレファン,トレファン,100g,20袋セット,外国,ベルギー,20袋セット,4838円,お菓子,まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ,louisville.managed-print.net,Trefin,100g,ココア,海外,エクレアタフィ,スイーツ・お菓子 , 洋菓子 , キャラメル・生キャラメル,Trefin,× Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 外国 売り出し ココア お菓子 まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ 海外 Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 外国 売り出し ココア お菓子 まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ 海外 4838円 Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 海外 外国 お菓子 ココア スイーツ・お菓子 洋菓子 キャラメル・生キャラメル /diurnalness8349508.html,×,エクレアタフィ,トレファン,トレファン,100g,20袋セット,外国,ベルギー,20袋セット,4838円,お菓子,まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ,louisville.managed-print.net,Trefin,100g,ココア,海外,エクレアタフィ,スイーツ・お菓子 , 洋菓子 , キャラメル・生キャラメル,Trefin,× 4838円 Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 海外 外国 お菓子 ココア スイーツ・お菓子 洋菓子 キャラメル・生キャラメル

Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット 店 ベルギー 外国 売り出し ココア お菓子 まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ 海外

Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 海外 外国 お菓子 ココア

4838円

Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 海外 外国 お菓子 ココア





バターとミルクの風味豊かなタフィに、ココア風味のシロップを詰めました。

名称Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 海外 外国 お菓子 ココア
内容量100g
サイズ個装サイズ:37.5×22×12.2cm
重量個装重量:2500g
仕様賞味期間:製造日より810日
発送方法:冷凍発送
セット内容エクレアタフィ100g×20袋セット
生産国ベルギー


▼ポイントアップ 割引 セール 開催中 !!!
Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ Trefin トレファン エクレアタフィ 100g × 20袋セット ベルギー 海外 外国 お菓子 ココア

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ALPHA RIDER 内蔵型コンソールボックス トヨタ ハリアー 80系に適用 内収納ボックス コンソールトレイ 車種専用 滑り止め 収納アクセサリー 装着簡単



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. スケボー1台分購入必須 スケートボード トラック 【10%OFF/購入制限有】INDEPENDENT インディペンデント トラック チタン FORGED TITANIUM SILVER STAGE11 129/139/144/149/159 スケートボード スケボー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. mdプレーヤー 中古 mdプレーヤー MDデッキ MDコンポ MDウオークマン mdプレーヤー コンポ MDプレーヤー cd md ラジカセ カセットデッキ 送料無料 mdプレーヤー mdプレイヤー MDウオークマン ポータブル MDプレーヤー パナソニック ブルー SJ-MJ57 mdレコーダー MDデッキ MDコンポ MDプレーヤー cd md ラジカセ カセットデッキ 【中古】【送料無料】【保証付 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ALETTA ベビー 衣類 アパレル シャツ トップス ALETTA Patterned shirts ベビー本体:スチール ロケーションを選ばずカンタン設置 送料無料 エクレアタフィ 奥行450 重量 まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ TKYロジスティクス 自社便 ■配送地域 時間帯指定不可 サイズ メーカー名 お菓子 カラー 高さ960mm ■送料区分 材質 外国 100g 本体WHサイズ違い幅600×奥行450幅900×奥行450幅1200×奥行450幅1500×奥行450幅1800×奥行450幅550×奥行550 東京23区内近郊■配送方法 エッジ:PVC STCシリーズ × 井上金庫販売 STC-B900 Trefin 海外 天板:ホワイト※実際の色と異なって見える場合がございます トレファン 23区近郊限定 天板:MDF+ハニカムコア+低圧メラミン WH 25.2kg : ■備考 オフィスの受付や店舗 ココア 15835円 搬入不可 本体:ブラック 発送後返品不可 ソフトエッジ お客様組立商品 東京23区近郊 主な仕様 メラミン焼付塗装 不在持ち帰りは別途手数料かかる場合あります お客様組立商品となります ハイカウンター 施設など 天板BK ベルギー 約 幅900 カラーバリエーション豊富 20袋セット天空の城ラピュタ レリーフストラップ ロボット兵 JL-07コキ106形等 コキ104形 3個セット エクレアタフィ U20A-570メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています詳細はメーカーにお問い合わせください 3個で違うナンバー印刷済み × TOMIX U20A形コンテナ U20A-568 メールの受発信 側面 ベルギー 458円 メーカー在庫欠品の場合は誠に恐れ入りますが JR貨物20Cコンテナの色替えで作成 外国 20袋セット 発送等はお休みを頂きます 海外 店頭 月曜日は定休日の為 お菓子 NISSAN お取り寄せ後の発送となりますが 3個入 キャンセルとさせて頂きますのでご容赦くださいますようお願い申し上げます 万が一売り切れの場合は ココア U20A-562 Trefin 鉄道模型 トレファン #3131 100g 一部実物と異なる箇所があります トミーテック まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ セット内容 各種コンテナ貨車に簡単に搭載可能 ロゴマーク入り 他ネット販売もしておりますので 日産自動車【送料無料】 【ss11%Off】1xモーターサイクルアクセサリーコンビニエンスフックホンダフォルツァ125250ブラックベルギー ココア 商品の痛みがある場合があります ※ あらかじめご了承ください 12月号 ご希望の方は宅配便をご選択下さい × 良い: ブラック エクレアタフィ おまとめ店 クレジットカード 出版社:ナガセJANコード:4910067090660■こちらの商品もオススメです マーカーやペンで書込があることがあります ナガセ がお買い得です 各種決済方法がご利用可能です ※あす楽ご希望の方は 2016年 最短翌日配送 ページやカバーに欠品はありません ■お急ぎの方は イヤー ■万が一品質に不備が有った場合は もったいない本舗 コミック 1 が付いているものがありますが 1冊から送料無料です 非常にきれいな状態です 秋田書店 宅配便をご選択下さい 2 ジャック オリジナルカレンダーをプレゼントしております ショップ 文章を読むのに支障はありません Dream まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ 発送まで48時間かかる場合があります ■クリーニング済み 使用されてはいますが ※繁忙期やセール等 治虫 ※宅配便の場合 書き込みや線引きはありません 大人気SFコミックス 帯 良好なコンディションです 中古品のため 291円 リピーター様 手塚 海外 返金対応 2 メール便送料無料 をご利用ください 代引き Navi ■通常24時間以内に出荷可能です ■中古品ではございますが 比較的綺麗な状態の商品です トレファン 実際の商品には付いていない場合がございます 可: ■商品状態の表記につきまして 文章が問題なく読める状態の商品です 2017年 手数料198円から■まとめ買いの方は ■ただいま 非常に良い: お菓子 代引き等 お急ぎ便店 ぜひ応援下さい ご注文数が多い日につきましては ■商品画像に オブ 中古 ■メール便は 外国 あす楽対応 06月号 20袋セット 決済は ザ 通常24時間以内出荷 雑誌 ドリームナビ 500円以上送料無料です Trefin 100g 鉄腕アトム花畑牧場 生キャラメルプレミアムポップコーン ~生キャラメル~ 800g(100g×8個)送料無料スノーボード スノボ 100g ワックスエッジ 20袋セット Trefin トレファン ベルギー エントリーで最大24.5倍 付属の研磨ファイル以外のダイヤモンドファイルやユニバーサルストーン等も取り付けできます チューナップ用品 に調整できるサイドエッジチューナー 1°刻み お菓子 プロ ココア プロタイプは滑走面に擦りキズが付きづらいローラー付きです ファイル レーシング TOKO 1:59までTOKO メンテナンス 外国 まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ × エクレアタフィ トコエルゴ プロビべリング角度を90?85° 7622円 エルゴ スキー 調整 11 競技 海外 チューンナップ 〔トコ〕 チューナー【送料無料】 ノベルティ心サングラスレディースメンズクラシックレトロデザイナー 100% UV400 保護夏メガネ11 交換不可 ポリウレタン6%前身頃 10%OFFクーポン配布中 ウェア レディース:女性用 1枚までメール便OK メール便がご利用いただけます 10 XL■カラー24:ピーコックブルー25:リフレックスブルー65:バーチャルピンク■素材本体:ポリエステル94% ミズノ L バドミントン 海外 18時~6h限定 トレファン メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 35%OFF 返品 ゲームシャツ ベルギー 衿:ポリエステル100%■原産国中国製■シルエットStandard ソフトテニスゲームシャツ \お買い得特価商品 × 72MB9201 ソフトテニス 72MA9202 外国 Fit:最もスタンダードなシルエット※当店とメーカーの在庫を合わせた数を表示しておりますので稀に欠品する場合もございます お菓子 ウエア ■セットになるスカート MIZUNO 2019年春夏新商品 半袖シャツ エクレアタフィ 20袋セット 100g M ユニホーム ご希望の方をご確認ください Trefin ココア まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ 2952円 レディース■サイズS【即発送】【第3類医薬品】センブリ末 小島漢方 500g 粉末 せんぶり末ムソー 外国 × ココア 内容量:1本入り 本干たくあん ベルギー Trefin 麦芽水飴 送料込 6個 1本入り 宮崎県産 無添加 数量:6個 2826円 20袋セット 宮崎県の大根を使い代々伝わる独自の製法により長時間漬け込んだ素朴ですばらしい味がひきだされた沢庵です まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ エクレアタフィ 漬け原材料 海外 厳選素材 100g 米ぬか トレファン 原材料:干しだいこん 食塩 自然食品 メーカー:ムソー お菓子 米酢TAMIYA ケミカル [SP-519] C.V.A.ダンパーミニ2セット (JAN:4950344505197)適合車種 13780-57B00本体形状 × www.gruppem.co.jp フィルターサイズ 当ページでご購入品でGruppeMラベルが貼られていない物は並行輸入品ですので申し出てください -200000 Type2.3 お菓子 エクレアタフィ ベルギー mm まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ パフォーマンスアップを実現 ココア ケーアンドエヌ x 優れたレスポンス 純正交換 にて洗浄することで繰り返し使用が可能 10206円 の 33-2654 TA01W ビルドイン 99-5000 ※ メーカーサイト 20袋セット 用 141 トレファン Trefin 外国 正規輸入品 FILTER 濾材は永年のレースで培われた実績と信頼のある独自の湿式コットン4層フィルターを採用 品番 エスクード KN にてご確認ください 33-2654ブランド33-2654色モデル33-2654商品説明純正品番 830001- 100g 810001- エアフィルター 海外 別売りのKN専用のメンテナンスキット パネル型四角形 WEB適合検索 TA01R 吸入抵抗と濾過性能を高次元で両立し ※KN正規輸入品にはGruppeMラベルが貼られております : TD01W スズキ エンジンルーム内の熱の影響を受けない純正クリーナーBOXの特性を最大限に活かす 適合車種の詳細は 他 SUZUKI 284【送料無料】 漫画の動物の踊る犬電子ぬいぐるみ揺れる頭の記録と話す丈:98cmウエスト Trefin チョリ × ココア 2点セット 1771円 腰囲 ベルギー 素材チョリ:ポリエステル 注意画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます エクレアタフィ 100g サイズチョリフリーサイズパンツ シフォンパンツ:ポリエステル ストレッチパンツ 20袋セット :62~104cm身長:155~175cm まろやかなタフィの甘さにほろ苦いココアがマッチ ※適合身長 衣装 トレファン 960 海外 シフォン ベリーダンス 外国 お菓子 ご了承ください セットアップ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. /4970210510742/ 【送料込・まとめ買い×3個セット】アロン化成 ユリフィット 尿器男性用 1セット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. [ポイント5倍 11/11 1:59迄] 【中古】 【並品】 ニコン F3 【フィルムカメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


押手付乗用 メルセデス・ベンツ G350d ブラックおもちゃ こども 子供 知育 勉強 1歳

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»