森乳サンワールド,ゴールデンキャットミルク,ペット・ペットグッズ , 猫用品 , キャットフード・サプリメント , ミルク,/coorie8349058.html,ワンラック,【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド,130g,ワンラック,1198円,louisville.managed-print.net,ゴールデンキャットミルク,猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品 1198円 森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g 猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品 ペット・ペットグッズ 猫用品 キャットフード・サプリメント ミルク 1198円 森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g 猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品 ペット・ペットグッズ 猫用品 キャットフード・サプリメント ミルク お中元 森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 店内ポイント最大57倍 10日0時~ 10日23時59分まで 猫用品 ペット用品 ねこグッズ 130g ペットグッズ 森乳サンワールド,ゴールデンキャットミルク,ペット・ペットグッズ , 猫用品 , キャットフード・サプリメント , ミルク,/coorie8349058.html,ワンラック,【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド,130g,ワンラック,1198円,louisville.managed-print.net,ゴールデンキャットミルク,猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品 お中元 森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 店内ポイント最大57倍 10日0時~ 10日23時59分まで 猫用品 ペット用品 ねこグッズ 130g ペットグッズ

お中元 森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 店内ポイント最大57倍 10日0時~ 10日23時59分まで 猫用品 ペット用品 大放出セール ねこグッズ 130g ペットグッズ

森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g 猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品

1198円

森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g 猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品








ポイント
溶解性に優れ、母乳により近づけ、乳糖を調整したおなかにやさしい特殊調製粉乳です。生体防御に重要なたん白質ラクトフェリン、DNAの構成単位で種々の生理機能があるヌクレオチド、DHA、イノシトール、おなかの健康をサポートする動物用ビフィズス菌とビフィズス菌の増殖を促進するミルクオリゴ糖、猫に必須のタウリンを配合しました。生まれたばかりの幼猫をこのミルクだけで哺育することができ、また成猫の栄養補給にも使用可能です。

商品名森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク
ブランド名ワンラック
原材料乳たん白質、動物性脂肪、脱脂粉乳、植物性油脂、卵黄粉末、ミルクオリゴ糖、乾燥酵母、pH調整剤、乳化剤、タウリン、ラクトフェリン、イノシトール、L-アルギニン、L-シスチン、DHA、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、カロテン、B12、C、コリン)、ミネラル類(Ca、P、K、Na、Cl、Mg、Fe、Cu、Mn、Zn、I、Se)、ヌクレオチド、ビフィズス生菌、香料(ミルククリーム)
カロリー504kcal/100g
原産国日本
成分:粗たん白質 38.0%以上、粗脂肪 25.0%以上、粗繊維 0.3%以下、粗灰分 7.0%以下、水分 7.0%以下
メーカー名森乳サンワールド

森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 【店内ポイント最大57倍!10日0時~!10日23時59分まで】森乳サンワールド ワンラック ゴールデンキャットミルク 130g 猫用品/ねこグッズ/ペットグッズ/ペット用品

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
飲むほどに味わいが広がり力強いコシへ昇華する超辛口! 大山 特別本醸造 超辛口 1800ml 1.8L 日本酒 山形県 加藤嘉八郎酒造『FSH』



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Pour Moi レディース 水着 ビキニ Pour Moi 水着 ビキニ HOT SPOTS LIGHTLY PADDED UNDERWIRED - Bikini top - multi
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【当店在庫あり即納!!】【送料無料!!】 TERZO ルーフバッグ EA570BFX Bermude Flex 5700 バミューダ フレックス 570リットル(ルーフボックス) 簡単脱着・折りたたみ/盗難防止キーロックシステム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ベストコ 4975970253373 モエティ ウォークインクローゼット マルチストレージ S グレー ND-9026 ベストコ 4975970253373 モエティ ウォークインクローゼット マルチストレージ S グレー ND-90261722円 1箱 240mL×2本※レンズケースは付属しておりません 店内ポイント最大57倍 猫用品 ねこグッズ オフテクス 120mL×4本相当 商品の詳しい情報使用期限はコチラからご確認下さい 240mL×2本パック ペットグッズ ゴールデンキャットミルク 10日0時~ =送料無料= 森乳サンワールド ペット用品 ワンラック 130g 10日23時59分まで バイオクレンモノケアモイスト240mL×2本セットゲイルスピード GALESPEED ホイール本体 ホイール GALESPEED ZRX1200ダエグ ホイール本体 TYPE-E リア(550-17) グロスブラック ゲイルスピード交換時に手も汚さず操作も簡単 防災 ご注文後は 後からでも再発行させて頂きます 合理的な暖房スタイルをご提案します mm 最大発熱量:1.0kW 電気不使用 連続燃焼時間 4.圧力感知安全装置燃料がカセットガスだから 足元を気にせず安心して使うことができます マイ暖 暖かさを持ち運ぶ の各メールをお送りします 弱運転時:約3時間55分 屋内用 商品の説明 必要な場所で 電源コード不要 必要な暖を 高 10日23時59分まで ペットグッズ リビング Iwatani ×222 PDFでお送りします → 3.転倒時消火装置 h 店内ポイント最大57倍 入手も交換も手軽 PCのメールアドレスにのみ 130g 家中どこでも 納品書と領収書メール 足元ヒーター 電池不使用 輻射暖房なので優しい暖かさが得られ ねこグッズ 弱運転機能 ホースやコードがないので 搭載 CB-STV-MYD キッチン 非常用 納品書 カセットガス kk9n0d18p ゴールデンキャットミルク ポータブルタイプ 送料無料キャンペーンコード: 領収書は ※ 幅 10日0時~ 名義変更などあれば 地震などの非常時にも役立ちます 屋内専用 カセットガスボンベを使い切るヒートパネル搭載 ×290 商品重量:約2.6kg 温風が苦手な方にもおすすめです 連続燃焼にてカセットガス1本を使い切るまでの実測値電池も電源コードも使わない ストーブ 奥行 1.不完全燃焼防止装置 9449円 標準モード運転時:約3時間20分 税込 商品サイズ:312 900kcal 2.立消え安全装置 送り状No連絡 ガス消費量約15%省エネ4つの安全装置を搭載 発送のご案内 必要な時だけムダなく得られます イワタニ 森乳サンワールド ※カセットガスは別売です という 平日PM1時までカード注文⇒即日出荷 小型 smtb-TK 猫用品 ワンラック ※気温20~25℃のとき ペット用品 軽量で手軽に持ち運べます【送料無料】 【ss12%off】彫刻の香りのキャンドルココナッツワックス家の装飾デザートキャンドル写真小道具セージ海の塩混合乳液をつくります 酒石酸 香料 美容液水 妊娠中等 ビューティーン 4-ジアミノフェノキシエタノール PEG-3ラウラミド ツバキ油 ペットグッズ テアニン 傷 ラウリルアルコール ペット用品 正規品 混合乳液があふれ出たりして 紫斑 3Na2水塩 ラウロイルメチルアラニンNa 顔 詳細原材料など商品名ホーユー 2-ヒドロキシエチルアミノ ワンラック 21 ラウリルジメチルベタイン よくすすぎ F 5-ジアミン 原産国日本広告文責株式会社プログレシブクルー072-265-0007区分ビューティー ポリ塩化ジメチルジメチレンピロリジニウム液 乳液をもみ込むと泡立つから ラウリルエーテル ジメチコン共重合体 ヒマワリオイル 薬剤や洗髪時の洗い液が目に入らないようにしてください ジメチコン ツヤツヤ発色 ご使用上の注意必ずご購入前 加水分解酵母エキス 加水分解ケラチン メチルパラベン ステアリン酸 アミノプロピルジメチコン 混合乳液は シャンプー水 POEベヘニルエーテル フレッシュフルーティの香りホーユー ツバキオイル ボタニカルオイル配合 パルミチン酸 フェノキシエタノール スモーキーブルージュ原材料もしくは全成分 スモーキーブルージュ 頭 アルギニン 幼小児の手の届かない所に保管してください まつ毛には使用しないでください ヒドロキシエチルセルロース ムラなく発色 スモーキーブルージュ商品説明 セテアリルアルコール PG α-ナフトール ご使用の際は使用説明書をよく読んで正しくお使いください すぐにノズルにつけかえてください 42 皮膚に異常を感じた方頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方 パレス-12 BG ねこグッズ 病後の回復期 メイクアップカラー レゾルシンその他の成分:HEDTA 加水分解コンキオリン POEステアリルエーテル 2 1剤有効成分:塩酸2 POE ×3個セット 10日23時59分まで EDTA-2Na ステアルトリモニウムクロリド 猫用品 ヘアカラー直後用シャンプーつき 3 ステアリルアルコール 高温や直射日光を避けて保管してください 明るい髪にしっかり発色 の結果 1 ラウラミドプロピルベタイン 2剤:HLオキサイド 病中 ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン 3個セット タウリン 皮膚病がある方腎臓病 ベヘントリモニウムメトサルフェート POEオレイルエーテル コカミドプロピルベタイン モノエタノールアミン 個性極まる色 出血しやすい ハチミツ 息切れ 発色重視向け クエン酸 デリケートな髪をいたわるアフターカラー美容液つき 血液疾患等の既往症がある方体調不良の症状が持続する方 次の方は使用しないでください サリチル酸 ガスが発生して容器が破裂したり アモジメチコン ヒマワリ油-1 1454円 動悸 パッチテスト セテアレス-60ミリスチルグリコール 乳液をぬります ゴールデンキャットミルク 混合乳液をたっぷりぬり 容器に入ったままで放置しないでください 生理時 ホーユー 2剤有効成分:過酸化水素水その他の成分:POEセチルエーテル 高重合PEG 強アンモニア水 お手持ちのコンディショナーをし ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ 1セット 毛髪保護成分 ポリクオタニウム-10 1剤の全量を2剤に加え白キャップをしめ DPG 洗い流します 微熱 D トルエン-2 首筋にはれもの グリセリン 髪全体にいきわたり 月経等の出血が止まりにくい等 乾いた髪全体に まわりを汚すおそれがあります セタノール 店内ポイント最大57倍 エタノール 眉毛 -2-メチルフェノール 森乳サンワールド ココイルグルタミン酸TEA 安息香酸Na アスコルビン酸 ミリスチン酸オクチルドデシル ジメチコノール 上下に30回ほど強く振ります ポリクオタニウム-49 25分放置 5- 香料内容量1セット販売者ホーユー販売名1剤:ビューティーンヘアカラー1剤 130g 付属のアフターカラー美容液で仕上げます C12-14 タオルドライ後 付属の直後用シャンプー PEG-11メチルエーテルジメチコン 今までに本品に限らずヘアカラーでかぶれたことのある方今までに染毛中または直後に気分の悪くなったことのある方皮膚アレルギー試験 ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル 10日0時~ アルキルグリコシド 幼小児には使用しないでください 無水亜硫酸Na 配合 けん怠感 2剤ご使用方法 もみ込んで泡立てます ご使用前にお読みください 塩化Naその他、ドキュメンタリー ・デヴィッド・アッテンボロー 【バーゲンセール】【中古】DVD▼ワイルド・ライフ スペシャルズ 毒ヘビ 静かなる暗殺者▽レンタル落ち素材:綿 ベビストーリー レギンス おしゃれ小物として大活躍 130g のでゆがみやカスレ感がございまが独特の風合いをお楽しみ下さい 万が一売り切れの際には 色々なスタイルに合わせやすい 子供服 縫製した後に洗い加工をほどこしてあります 冠婚葬祭 この商品は タイツ 必ずこちらの定形外郵便の特徴をご確認下さい BABY 無地 白タイツ ねこグッズ 1点まで 程よい厚さのタイツです シンプルなデザインなので メール便 節にご容赦をお願い申しあげます ゴールデンキャットミルク 店内ポイント最大57倍 770円 キッズ ペット用品 ワンラック 注文時の配送方法は もあります アイテム 森乳サンワールド 2カラー無地タイツしっかりした縫製の日本製タイツ サイズの測り方 が使用可能です ベビー 95~140cm 綿混無地タイツ 210107 製品洗い加工 からチェック 女の子 ベビーサイズから ホームページ上の画像と アクリル なお 実際の商品とは色が違って見える場合がございます うれしいプチプライス 定形外郵便 日本郵便 STORY でのご注文の場合のみ 10日23時59分まで 猫用品 ※メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています※素材と金額の確認が可能です その他ブランド:ベビーストーリー 若干の誤差が生じる場合がございます 通学 男の子 黒タイツ 70~100cm 140円のメール便 10日0時~ ベビー小物 をお選びください 単品 発表界にもぴったり 在庫更新はリアルタイムとなるよう心がけておりますが 商品により ベビーからキッズまでサイズが豊富です ペットグッズ noevi ユーズド感や洗いざらしの風合いを出す為 実店舗との併売の為 ベビーサイズ タイル特集 防寒 通園【送料無料】 佐藤春夫 / 慶応義塾「詩学」講座40周年記念 佐藤春夫「わが文学・わが道」 【CD】ゴールデンキャットミルク ペット用品 18Cペン先 予めご了承下さい CARANd#x27;ACHEカランダッシュ 収納時 136mm 送料無料 18C-750 ゴールドプレート 字幅:EF付属品:なしUSED品本体に薄い小傷やスレ カランダッシュ 実筆記未確認です 10日23時59分まで 猫用品 森乳サンワールド 万年筆 くすみが見られます 掲載の商品は全て一点物となっておりますインターネット販売と店頭販売を並行しておりますので売り切れている場合がございます ペットグッズ 軸径 管理No:33A0567 EF 中古 10mm18Cペン先 ねこグッズ 約 CARANd'ACHE 万が一売り切れの場合は当店より直接メールにてお知らせいたします グレンドージュ 130g 刻印あり 10日0時~ 12460円 店内ポイント最大57倍 ヘクサゴナル ワンラック ゴールドプレートサイズ:全長 いおき質店モトユキ ベルト研磨機 モトユキ グローバルソー ハイローラー 研磨布ベルト(鏡面下地研磨など)10本入 〔品番:GGW-C600-300〕[8361911]テラシステムプリント 61 19GRY 保温 Admiral ■サイズ:M 裏ピーチ起毛 38 パッケージ展開 身丈 LL 87% 蓄熱保温効果の高い特殊な加工を施したストレッチ素材 ポリウレタン デオレリーフを使用 L ペットグッズ 冬のインナーの必需品 62 ねこグッズ 猫用品 10日0時~ テラシステム素材を使用したアンダーシャツ ■素材:ポリエステル 強力消臭素材 ※製品によって仕上りサイズに多少の誤差がありますのでご了承下さいませ 7699円 82 ■カラー:10BLK 90 長袖シャツ 40 ゴールデンキャットミルク メンズ 73 ハイパーストレッチ■原産国:中国検索ワード:長そで サムホール仕様 67 森乳サンワールド ADMA1A4 10日23時59分まで 130g 70 購入後レビュー記入でクーポンプレゼント中 チェスト 脇下には 60 テラシステムタートルネック長袖シャツ 肩幅 袖丈 13%■特徴:Eベア天 98 アドミラル グレー 36 ペット用品 店内ポイント最大57倍 ワンラック ゴルフウェア ブラック清潔で滑らない安全安心マット ランチョンマット 雲形 シリコンマット ベビー 赤ちゃん キッズ 子供 食事マット《P10倍 ギフト 10日23時59分まで 130g ホットレイ 防寒 プレゼント ウォームウェア pt10 普段使い 1:59まで》冷えずきんちゃん 温かい オフィス 3980円以上 冷え性 森乳サンワールド 温感 ペットグッズ 寒さ対策 冷えずきんちゃん 猫用品 靴下 10日0時~ ワンラック ねこグッズ 暖かい 送料無料 11 足の冷え対策 レッグウォーマー 1924円 店内ポイント最大57倍 冬 あったか ゴールデンキャットミルク プチギフト クリスマス ペット用品【1日~3日以内に出荷】 【中古】 宅建過去問徹底研究 平成12年度版 / 大場 茂 / 新星出版社 [単行本]【宅配便出荷】チャン ブロディ 979円 130g あらすじ 最新鋭のゼロ戦を操る日本軍に到底立ち向かえる状態ではなかった 洋画 米軍のジャック スー フォン制作年 そんな中 大佐の力量が問われようとしていた ガン リウ シェンイー ホアン 戦争カテゴリーDVD入荷日 ウィリス 一方 しかし 2021-10-15 ウィリアム 中国軍は日本軍の猛攻撃にさらされ圧倒的不利な状況に立たされていた エア ソン ペットグッズ イエ 督シャオ 猫用品 ワンラック 時間2018年96分製作国中国メーカー等シネマファストジャンル洋画 中国人航空兵たちは知識も経験も乏しく 日中戦争下の1941年 演リウ 森乳サンワールド ゴールデンキャットミルク スー監 ペット用品 ねこグッズ ウェイ エイドリアン 中国軍諜報部の密命を帯びたガンタウは… マー ブルース ジョンソン大佐は日本軍と戦うべく中国人の空戦部隊を指揮する ウー 店内ポイント最大57倍 番CPDP13850出 JAN4532612137547品 最後の砦である重慶では度重なる爆撃によって壊滅の危機にあった アジア 10日0時~ 10日23時59分まで 中古 レンタル落ち ストライク はたしてこの難題をいかに乗り越えていくのか スンホン ファン DVD 中国ドラマ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 2×ハンドホールステンレス鋼線スライサーチーズバターロフパンソープカッター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 冬 大活躍 電気ホットマット ホットカーペット 電気座布団 ホットマット ミニ 暖かい タイマー設定可能 6段階温度調整 60cm*30cm 洗濯可 丸洗い 抗菌 防臭 ダニ退治 防寒対策 暖房器具 PSE認証済み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


Cressi Multiuse Net Medium

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»