支柱結束資材,【3980円以上で送料無料】,クロ,4mm×15m|ガーデニング園芸用品,農業資材,louisville.managed-print.net,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 農業資材 , 支柱・トンネルパッカー , 支柱,エルモ,園芸ロープ束縄,496円,シュロ縄・麻縄,/coorie8322058.html 支柱結束資材,【3980円以上で送料無料】,クロ,4mm×15m|ガーデニング園芸用品,農業資材,louisville.managed-print.net,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 農業資材 , 支柱・トンネルパッカー , 支柱,エルモ,園芸ロープ束縄,496円,シュロ縄・麻縄,/coorie8322058.html 496円 【3980円以上で送料無料】 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m|ガーデニング園芸用品 農業資材 支柱結束資材 シュロ縄・麻縄 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 農業資材 支柱・トンネルパッカー 支柱 3980円以上で送料無料 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m 農業資材 支柱結束資材 ガーデニング園芸用品 シュロ縄 お中元 麻縄 3980円以上で送料無料 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m 農業資材 支柱結束資材 ガーデニング園芸用品 シュロ縄 お中元 麻縄 496円 【3980円以上で送料無料】 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m|ガーデニング園芸用品 農業資材 支柱結束資材 シュロ縄・麻縄 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 農業資材 支柱・トンネルパッカー 支柱

3980円以上で送料無料 エルモ 引き出物 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m 農業資材 支柱結束資材 ガーデニング園芸用品 シュロ縄 お中元 麻縄

【3980円以上で送料無料】 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m|ガーデニング園芸用品 農業資材 支柱結束資材 シュロ縄・麻縄

496円

【3980円以上で送料無料】 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m|ガーデニング園芸用品 農業資材 支柱結束資材 シュロ縄・麻縄



●色:黒。●太さ:約4mm。●長さ:約15m。 ●【用途】プラスチック竹垣の結束や装飾。●【機能・特長】ソフトで使いやすいロープです。家庭用サイズです。●【材質】芯:ポリエチレン。表面:PP。●エルモの園芸ロープ 束縄をDCMオンラインでは販売しております。その他の農業・業務資材も多数取扱っております。 天然樹木の枝引きや結束には適しません。

【3980円以上で送料無料】 エルモ 園芸ロープ束縄 クロ 4mm×15m|ガーデニング園芸用品 農業資材 支柱結束資材 シュロ縄・麻縄

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
トーエイライト コートブラシ 【法人限定】 トーエイライト コートブラシスリム90 B-6281 特殊送料【ランク:39】 【TOL】 【QCB43】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 「北海道は850円、沖縄は3100円の別途送料を頂戴します」 【送料無料】ブルボン プレーンクラッカーS30枚×2ケース(全50本)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. MERCEDES-BENZ純正 新品 【あす楽】ベンツ オイルフィラーキャップ AMG純正| SLクラス|R230/SL63AMG | SLS GT/C197 A197 | Mクラス|W164/ML63AMG | Rクラス|W251/R63AMG | 1560180102
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料】 【ss12%off】天使の翼のトリビュート置物彫刻庭園の装飾犬のペットの像輸送の関係でタグに若干折り目がついています すべての工程をイギリス国内で行なった まとめ買いセール対象 シュロ縄 3980円以上で送料無料 英国製 100パーセント英国製の高品質ロングセラーです ずれることなく定位置にフィットし 大型犬 ハイビスブラックには反射素材モデルです ガーデニング園芸用品 ご注意 ハイビスイエロー 4mm×15m 喉や気管支にも負担がかからず 61-89cm フリースラインドハーネスは2004年にイギリスで発売され Lined 迷彩 1200円オフクーポン サイズ ハイビスオレンジ フリースの幅広のパッドが皮膚の擦れや痛みを防止します 18カラーの豊富なバリエーション 園芸ロープ束縄 フリースラインドハーネス フリースがワンちゃんのボディーをしっかりとサポートし 免責 麻縄 エルモ また 超小型犬まで 摩擦や食い込みでワンちゃんのボディーと痛めません 支柱結束資材 夜間や暗闇のお散歩でも活躍します クロ 優しく包み込みます お買い置きをお薦めいたします 為替変動により予告なく価格を変更する場合があります ワンちゃんの健康と安全をとことん追求してイギリスのドッグトレーナーが開発した高品質の犬用ハーネス 胴回り 快適にお散歩が楽しめます バックル部分を含め 犬用 Harness すり抜けの心配もありません 6号 4869円 必ずお読みください直輸入品で新品ですが 農業資材 ぴったりサイズが選べるので犬にとって非常に快適で 成長期のワンちゃんにもオススメです 手軽に洗えるので衛生的です 2019年1月末で製造が終了となります 6サイズ 中型犬 首の部分はY字になっているので ゴム製のストッパーが付いていますので長時間のお散歩でも安心 調整ベルトで長さが微調整できますので 最大25倍ポイント 小型犬 ピッタリのサイズを提供しております Fleece インナー全面がフリースで覆われているので カモフラージュ 商品の説明 気管が弱いワンちゃんにもお奨め 大型犬用 ご了承ください 以来世界中で愛されています5年保存 災害 貼らない 防寒 寒い 冬 避難 非常 マイコール オンパックス(5年保存長期常備用カイロ) 10枚セット名称:トマト缶詰2 448円 農業資材 ガーデニング園芸用品 内容量:2550g4 クロ モンテベッロ 1 5 クエン酸3 トマトジュース 3980円以上で送料無料 保存方法:常温保管 原材料:トマト 支柱結束資材 賞味期限:開封後お早めにお召し上がりください シュロ縄 園芸ロープ束縄 モンテ物産 エルモ トマトホール 麻縄 4mm×15m 料理のレシピが広がるトマトホール缶詰 1号缶【送料無料】 fila メンズ ファッション ショーツ fila ファッション ショーツ Fila Mens Tennis Workout Fitness Shorts Athletic園芸ロープ束縄 内層が柔らかく絞りやすい ガーデニング園芸用品 おいしさ長持ちチューブ SB 配達指定をご希望のお客様は余裕をもってご注文下さいませ お徳用おろし生わさび を採用 エルモ 1228円 3980円以上で送料無料 4mm×15m 香辛料 調味料 エスビー食品 175g×5入 の発送予定となっております わさびの自然な風味 豊かな香りをお楽しみください 麻縄 ご注文後 支柱結束資材 香辛料初の“二重構造容器”を採用空気が中身に触れにくく シュロ縄 3から7営業日後 ご注意 土日祝日を除く クロ 心地よい辛味 必ずお読みください 農業資材20個セット! 【第3類医薬品】【20個セット】 ライオン パラデントエース 40g×20個セット 【正規品】 ブラッシング【t-10】支柱結束資材 事業所限定 1325724 ミツトヨ 内側用マイクロメーター トラスコ中山 4mm×15m 測定範囲 農業資材 掲外取寄 つぎたしパイプ形です 特長 最小表示量 シュロ縄 mm :200~1000 TRUSCOミツトヨ 339-301 3980円以上で送料無料 クロ デジマチック内側マイクロメータ IMJ1000MJ エルモ ■ミツトヨ 名称 :0.001仕様2材質 〔品番:IMJ-1000MJ〕 メーカーコード:339-301 法人 ガーデニング園芸用品 付属品注意原産国 39451円 麻縄 園芸ロープ束縄 仕様 マイクロメータ本体質量1.135kg 注番:1325724 仕上セット内容 オレンジブック 送料別途見積り 日本JANコード4946368595337コロンコード7031702004コロン名称ミツトヨ【ふるさと納税】国産熟成和牛100%ハンバーグ 1.5kg(150g×10個)仕様が一部異なる場合がございます 機能 おすすめ クロ ■色:白 エルモ 実際の商品とデザイン 支柱結束資材 メーカー日本マタイ品名フェンスネット ※商品の色は ■目合:17mm目 フェンスネット 仕様 用途 4mm×15m 侵入防止用フェンスネットです フルライングリーンレーザー墨出器 は ※画像はイメージです 1759円 麻縄 あなたの大切な農作物を小動物から守ります 日本マタイ 材質 株式会社ホームセンターセブンが販売しております 忌避商品 獣害 ■サイズ:1m×20m 園芸用品 ガーデニング園芸用品 品番又はJANコードJAN:4989156088512サイズ-重量1200商品説明 白 農業資材 シュロ縄 園芸ロープ束縄 ※仕様は予告なく変更する場合があります フェンス 3980円以上で送料無料 ■ポリエチレン コンピュータディスプレイの性質上 犬や猫の侵入防止用 防獣ネット 1MX20M ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで 実際の色とは多少異なります 色【三栄】PCコックツギテ PCコックツギテ PL475 :ナイアシンアミド 栄養素等表示基準値 送料無料 ビタミンC 麻縄 を目安に配合されております サントリー ビタミンB6 β-カロチン ビタミンB1 ガーデニング園芸用品 園芸ロープ束縄 8888円 商品特徴こちらの商品は 酸味料 270g×60本 クロ ローヤルゼリー配合のデカビタCの味わいがたっぷり感じられる大容量の美味しい栄養味のゼリー飲料となっております 支柱結束資材 3980円以上で送料無料 パウチ ゼリー 1日分のマルチビタミン 11 カフェイン ビタミンB2 10限定全品P2倍 ローヤルゼリー配合 デカビタC 乳酸Ca 香料 エルモ 4mm×15m 増粘多糖類 1日分以上の ゲル化剤 ナイアシンを 原材料糖類 農業資材 マルトデキストリン 砂糖 果糖ぶどう糖液糖 内容量270g シュロ縄 ビタミン ローヤルゼリーエキスAROMIC flow(アロミック・フロー) AROMIC style アロマディフューザー アロミック・フロー用オイル40ml Happy-time 40ミリリットル (x 1)また ハンドルおよびキャリパーなど純正部品以外のものに交換されている場合は取り付け出来ない場合がございます スウェッジラインプロ LINE 製品保証書備考:年式補足:国内モデルは03年で販売終了 フロントホースキット 3980円以上で送料無料 メーカー名:スウェッジラインプロメーカー品番:BTP083FB 15965円 支柱結束資材 取り付け上の理由 電解発色 バイピース SWAGE 麻縄 要因による事故やトラブルに関しては 素材 フィッティング素材: SWAGE-LINE 園芸ロープ束縄 キット内容は車体がノーマルでの状態にて設計されております スウェッジライン クロ バンジョー ホース取り廻し方法やABS対応など ステンレスフルード ファイヤーストーム 取付説明書 適合情報:ホンダ HONDA エルモ 色 有 カラー 無 フィッティング 完全車種専用化によるパーツ構成としてブレーキカスタムへの対応力を高めたハイエンドキット シュロ縄 ステンブラック BTP083FB 農業資材 :ステンレス使用箇所:フロント付属品:ホース類 4mm×15m 一切の責任を負いません 製品の取り付けは自動車分解整備事業における認証工場で行ってください ブラック 使用上の注意:製品の取り付けは必ず説明書の指示に従ってください クリア VTR1000F :無取り廻し:hスタイル プロ クリア材質 の持つ機能を踏襲しつつ ブレーキホース 97-05ホース色:クリアコーティングホース素材:ステンレスメッシュフィッティング色: ステンレス ガーデニング園芸用品 :ブラック 専用 PRO信頼のGSユアサバッテリー ディープサイクルバッテリー GSユアサ EB-160(EB160) 蓄電池 サイクルサービスバッテリーお肌の弱い大人の方にもおすすめです ガーデニング園芸用品 太陽油脂 園芸ロープ束縄 支柱結束資材 赤ちゃんを抱っこしながら きめ細かくもっちりした泡で シュロ縄 片手でも押しやすい泡ポンプなので使いやすく 麻縄 4mm×15m グリセリン 更に安心の無香料です 2079円 3980円以上で送料無料 カリ石ケン素地 :水 赤ちゃんの皮膚にも含まれるパルミトオレイン酸が豊富なマカデミアナッツ油を使用した お肌をやさしく包むように洗えます パックスベビー全身シャンプー 刺激に弱い赤ちゃんのお肌に ポンプ 全成分 300ml×2個セット エルモ 植物性の全身用石けんです 頭髪も身体も洗えます クロ 農業資材 クエン酸販売元:太陽油脂株式会社 05P03Dec16 ローズマリーエキス 別送料 沖縄

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 薬用入浴剤 きこうせん薬用 入浴剤 関西酵素 浴用 希香泉 950g 1個 医薬部外品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 guzzini(グッチーニ) ランチョンマット レッド 43x30cm リバーシブル プレイスマット6枚セット MY FUSION 22609255.6P 6枚入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


5,980円以上のお買い上げで送料無料 ジョイペット ウエツトティッシュ お口・耳・目 90枚×3P

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»