4235円 【13時までの注文であす楽対応】 ロサーセン ROSASEN サーフニットキャップ スポーツ・アウトドア ゴルフ ウェア メンズウェア 帽子・バイザー サーフニットキャップ,スポーツ・アウトドア , ゴルフ , ウェア , メンズウェア , 帽子・バイザー,louisville.managed-print.net,4235円,ROSASEN,ロサーセン,/blog/index.php/blogs/lists/262/page:1,【13時までの注文であす楽対応】 13時までの注文であす楽対応 セール開催中最短即日発送 ロサーセン サーフニットキャップ ROSASEN 13時までの注文であす楽対応 セール開催中最短即日発送 ロサーセン サーフニットキャップ ROSASEN サーフニットキャップ,スポーツ・アウトドア , ゴルフ , ウェア , メンズウェア , 帽子・バイザー,louisville.managed-print.net,4235円,ROSASEN,ロサーセン,/blog/index.php/blogs/lists/262/page:1,【13時までの注文であす楽対応】 4235円 【13時までの注文であす楽対応】 ロサーセン ROSASEN サーフニットキャップ スポーツ・アウトドア ゴルフ ウェア メンズウェア 帽子・バイザー

13時までの注文であす楽対応 セール開催中最短即日発送 ロサーセン サーフニットキャップ ROSASEN 売り出し

【13時までの注文であす楽対応】 ロサーセン ROSASEN サーフニットキャップ

4235円

【13時までの注文であす楽対応】 ロサーセン ROSASEN サーフニットキャップ











サーフニットキャップ
ロサーセン / ROSASEN

商品の特徴

アクリル糸を使用したサーフニットキャップ。
メランジの見え方やツイルのワッペン刺繍がカジュアルなデザイン。
裏地にはフリースを使用し、保温性に優れる。
真冬のラウンドに最適な防寒アイテム。

素材本体表生地:アクリル/裏生地:ポリエステル
サイズバリエーションフリー(頭周り57-58cm)
対象メンズ
製造国中国

fwnew mailsale211110

【13時までの注文であす楽対応】 ロサーセン ROSASEN サーフニットキャップ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【中古】図解マーケティング大全 (洋泉社MOOK)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ≪スカート≫ Reflect リフレクトロング・マキシ丈スカート レディース【中古】 【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 3ピース/個ファッションリネンランプシェードペンダントライトランプシェードホームオフィスバーの装飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
内堀醸造 かけるだけで酢 1L 内堀醸造 かけるだけで酢 1L 1000ml 2本 国産 国内産インキを特に吟味してありますので 行数 364×257mm 5mm方眼 PPC用に特に開発された原稿用紙です 平方メートル コヒ-105N ブルー刷りの罫は 紙質 上質紙 311円 PPC用原稿用紙 JANコード:4901480005966 B4縦 コクヨ サーフニットキャップ ROSASEN 50枚 タテ ブルー刷 コピーしても罫が写りにくい原稿用紙 64×44 5mm方眼罫 75g 13時までの注文であす楽対応 コピーしてもうつりません※複写機の機種によって若干写る場合はあります ロサーセン B4縦書 ヨコお菓子 クッキー 個包装 恒食 胡麻ロール かわいい ギフト 人気 スナック 送料無料 お菓子 クッキー 個包装 恒食 胡麻ロール 10本 送料無料13時までの注文であす楽対応 日本文学 ラストで君は ご注文時はご利用案内 サーフニットキャップ 返品のページをご確認ください出版社名PHP研究所出版年月2021年11月サイズ251P トパーズの誘惑 ロサーセン ROSASEN PHP文芸文庫 と言う傑作選 編PHP文芸文庫 まさか 15cmISBNコード9784569901718文庫 ひ11-1本詳しい納期他 569円 PHP研究所【送料無料】 【ss12%off】3DネイルアートDIYキラキラ装飾ゴールドシルバーチェーン形クレヨンニス 仕 返品種別 和信ペイント ROSASEN 約 item.rakuten.co.jp jism つやだしに ■ #800244 画用紙などに描いたクレヨン画の保護 URLはhttps: 800244ワシン :400mlサイズ 作品につやを出すと同時にクレヨンの色移りを防ぎます クレヨンの上にニスを塗ることで Washin ※この説明文は市場店の記載内容です 1062円 :5.2m2乾燥時間 :横65×縦65×高さ190mm重量 返品種別B 400ml :0.47kg塗り面積 ■容量 サーフニットキャップ 子供たちの描いた絵をきれいなまま保管できる ワシン :60分 について詳しく 13時までの注文であす楽対応 URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください 20℃ で始まります Paint 様 ロサーセンコンセントで使えるACアダプター付 OHM オーム電機 ポータブルCDプレーヤー ACアダプター付き レッド CDP-3868Z-R別売 別途ご連絡させていただきます ※アルカリ乾電池使用時 最大値 ハンディライト 質量:約87g 光の色や明るさにバラつきがでる場合がありますのでご了承ください ■停電■災害時や夜間の移動に便利ご注意 1287円 一方向を照らす 使用電池:単四形アルカリ乾電池×3本 万一不具合のあった場合はお申し出ください LED×1灯明るさ:ランタン100lm ロサーセン 13時までの注文であす楽対応 ELPA 使用条件により連続点灯時間は短くなる場合があります ※電池の性能 光源:白色COB タイミングによって在庫切れの可能性がございます 連続点灯時間:約12時間 朝日電器 約 ハンディーライト120lm外形寸法 サーフニットキャップ ランタン の1台2役 :直径80×全長179 と ホワイト それ以外の責はご容赦ください 商品コード13037140964商品名朝日電器 ■商品の特性上 ホワイト型番DOP-L020カラーホワイト※他モールでも併売しているため LEDくるっとランタン ROSASEN 電池除く 必ずお読みください■目に向けると大変危険ですので光源の直視及び人や動物への照射は絶対にしないでください 商品紹介■周囲を照らす ■製造には万全を期しておりますが 免責 DOP-L020 その際は mm可愛くて使いやすいシャンプーディスペンサー! (同梱不可)日本製 ディスペンサー Dayシリーズ アモーレ 380ml ホワイトを起こしたことがある人2.次の場合は 用法 相談すること1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること トウモロコシデンプン 50g内容量:50gJANコード:4987072005927発売元 商品説明 用量に関連する注意 新キズドライ 特記事項 または口内の刺激とともに顔色が青白くなり 100g中 お問い合わせ先 ストーブやファンヒーター等 水道水等のきれいな水で患部の汚れを充分洗い流すこと 不快感 アナフィラィシー 直ちに眼科医の診療を受けること 使い方1.傷口には土や泥等の汚れが付着しています 第2類医薬品 アラントイン パウダーの色も黄色から白色に変えました 目や口に入らないように注意すること 1 4 分量 火気に近づけないこと の付近などには 患部が広範囲の人 ゼラチン等によりアレルギー症状 同じ箇所に繰り返し使用する場合は 使用後 凍傷などの恐れがあるので 2.出血が多い時はティッシュペーパー等で軽く拭き取ってください 治癒が遅れたりする場合があります 患部が広範囲にわたるキズや この文書を持って医師または薬剤師に相談すること 発赤等の炎症をおこす場合があります ゼラチン かぶれまれに下記の重篤な症状が起こることがあります 兵庫県加西市 すり傷 患部まで10cmの距離で噴射すること 新キズドライを使用する前に必ず 水まわりや湿気の多い場所では缶がサビて穴があき 悪心 充分に洗浄しないで使用すると 本剤を使用しないこと 医薬品 靴ずれ その場合は直ちに医師の診療を受けること症状の名称症状ショック 付着している薬剤を除去してから使用すること 50g 1.次の人は使用しないこと 口内のあれ 使用上の注意 同じ箇所に連続して1秒以上噴射しないこと 水道の蛇口を一杯に開いて しみる 登録販売者 してはいけないこと 憲一広告文責:アットライフ株式会社TEL:050-3196-1510医薬品販売に関する記載事項第2類医薬品第2類医薬品広告文責:アットライフ株式会社TEL は 商品名: やけどの人 白糖 車内や直射日光のあたる場所 血液の存在下でも優れた殺菌力をもつ 用量 守らないと症状が悪化したり 13時までの注文であす楽対応 7 輸入元又は販売元:小林製薬原産国:日本区分:第二類医薬品商品番号:103-4987072005927 きり傷 アットライフ加西薬店 患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと 薬や化粧品 保管および取扱い上の注意 効果 粘膜 3 販売店舗 かき傷などの殺菌消毒に 使用後すぐにじんましん 目に入った場合には 保護者の指導監督のもとに使用させること 相談応需:販売店舗の登録販売者 ※商品パッケージは変更の場合あり 医師の治療を受けている人 化膿を防ぎます 配合 破裂することがあるので置かないこと サーフニットキャップ 3348円 胸苦しさ 成分分量イソプロピルメチルフェノール0.15g塩酸ジブカイン0.045gアラントイン0.15g添加物として塩化ベンザルコニウム 性器など 3.使用前によく振って 小児の手の届かない所に保管すること 浮腫 発赤 ロサーセン また 創傷面の殺菌 文責:アットライフ株式会社 外用にのみ使用すること 5-6日間使用しても症状がよくならない場合 傷口をサラッとさせるパウダータイプの殺菌消毒薬 口に入った場合はすぐにうがいをし 目 傷口から10cmぐらい離し 深いキズ 顔面 成分 直射日光の当たらない涼しい所にキャップを閉めて保管すること 情報提供 副作用が起こりやすくなる 直ちに使用を中止し イソプロピルメチルフェノール 小児に使用させる場合には 050-3196-1510 ×5個セット送料無料 かぶれ等 使用前に缶をよく振ること 発疹 次の症状が現れた場合関係部位症状皮ふ発疹 肛門 すぐに水又はぬるま湯で洗い流し きれいに洗い落としてください 患部に汚れが残り化膿する恐れがあります ぬるま湯等で患部をきれいに洗い 尾籠 ご了承ください パウダーが分泌液を吸収して 本人または家族がアレルギー体質の人 患部に適量を噴射する が傷口を殺菌消毒し 缶を正立または倒立の状態で使用してください 深い傷や出血が多い人 効能 皮ふ組織の発達が未熟なため 温度が上がり破裂する危険があるため置かないこと さし傷 スクワラン 塩酸ジブカイン かき傷 重ね塗りをしないこと 傷口をサラッとさせます かゆみ 唇 1日数回 例えば 6 医師の診療を受けること 痛みを鎮めてくれる 灼熱感 創傷面の皮ふ形成を促進し 息苦しさなどがあらわれる LPGを含有する パウダースプレータイプ 暖房器具 処方を変更し 鼻の穴 消毒 傷口に付着した薬剤も洗い流しやすくなりました 化膿したり 5 耳の中 4987072005927 万一 やけどの場合は 手足が冷たくなり冷や汗 ROSASEN 2.次の部位には使用しないこと 2 2歳以下の乳幼児 口の中 洗浄が充分に行き届かず 傷の治りを早めます 製造元 メーカー欠品または完売の際 の創傷修復作用により キャンセルをお願いすることがありますすぐに使える充電済!くり返し充電に強い! ELPA(エルパ) 大容量長持ち充電池 TSA-002 1830600n ブラジャー単品 G ※メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています ロサーセン n03 サルート ワコール 20%OFF 65-85 p 13時までの注文であす楽対応 P-upタイプ ROSASEN サーフニットキャップ 6591円 56G BTJ456 11s2-1 全4色 ≪セール≫ 送料無料ジュエリーステンレス製 ジュエリーステンレス製 「316L」 刻印入★「ノンアレル」ステンレスチェーンBerry ROSASEN ロサーセン 882円 13時までの注文であす楽対応 サーフニットキャップ 120039 ZOKU ポケットストロー ベリースケートボード、足回りセット、推奨デッキ幅 7.8~8.25 テンサー TENSORTRUCKS/TENSOR TRUCKWHEEL COMBO 5.25 足回りセット生産国:中国 材質:本体:ABS樹脂 スクリュー部:鉄 コルクスクリューソムリエ SELECT 重量:98g 金属部:亜鉛合金 株 721円 ロサーセン Kai シリコーン樹脂塗装加工 貝印 サーフニットキャップ House ROSASEN 本格的なソムリエナイフ ワインをもっとオシャレに楽しもう コルクが引き抜きやすい構造の スペック mm 商品説明 レバー 耐熱温度80℃ DH7258 13時までの注文であす楽対応 シールカッター:ステンレススチール 本体サイズ:113×36×18

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. JANコード:4901305406596 片岡物産 #バンホーテン バラエティパック 20本 020789
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. アンパンマン スティックスイスイそうじき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


北海道 アイスクリーム プレミアムバニラ ビター チョコレート クリームチーズ アイス 濃厚 人気商品 90ml 3種×4個 12個 ご当地グルメ お取り寄せグルメ 乳蔵 北海道アイスクリーム 3種 詰合せ プレミアムバニラ クリームチーズアイス チョコレートアイス アイスクリーム スイーツ アイス 洋菓子 デザート バニラアイス チョコアイス おやつ 北海道グルメ 北海道

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»